SEO対策:「バズるコンテンツ」と「炎上」

多くの企業にとって、SEO対策は必須となりました。今や情報技術は全盛期を迎え、検索サイトに出てくる結果こそが、信頼性そのものとさえいえます。少なくとも、公式サイトが上位に来ないようでは、インターネットを通じて利益を出したり、正しくアピールすることさえできません。SEO対策を怠って、いいことはなにひとつないのです。とはいえ、獣医のように単純な方法で、検索結果を左右することができなくなりました。SEO対策の質を高めるためには、バズるコンテンツを生み出せるかどうかに、大きくかかっているのです。
日本ではとくに、長文よりも短文で投稿できるSNSのほうが人気です。これにより、情報の伝達や拡散が爆発的に行われるようになりました。また、国内では特定の人物が流行を左右するということは少ないのが現状です。そして、意外なところから一大ブームが発生することもあります。そのため、SEO対策を実行している企業でも、潜在的なチャンスは眠っているのです。大きく拡散されることをバズるという表現を用います。これによく似た現象に、炎上というものがあります。どちらも、国内の視線を独り占めにするコンテンツに他なりません。では、2者の違いとは、なんなのでしょうか。それは、好意的に受け止められるかどうかによります。バズるというのは、あくまで好意的な意見が大半を占めるものです。もちろん否定的な見方というのも出てきますが、それが副次的なものにすぎないのです。SEO対策中の企業において、望ましいのは断然こちらといえます。好機をもとに実績を重ねれば、業務の信頼性を広く浸透させることが可能だからです。一方、炎上は否定的、そして非難の対象になる事柄です。確かに、これを利用したマーケティングというものも存在します。しかしこれは、SEO対策は真逆の発想です。一度は悪いイメージで集客を図れたとしても、同時に、このことは人々の脳裏に刻まれます。それ以上に、検索結果として長く残ってしまうので、継続的なダメージは計り知れないのです。このイメージを払拭するためには、長期間にわたって、さらなるSEO対策が必要となってきます。これでは、コストが二重にかかってしまいことになります。また、炎上マーケティングは二度とは成功しません。一方、バズるコンテンツというのは、何度でもそのチャンスは巡ってきます。企業としての力を蓄えるためにも、SEO対策は万全に行い、商機を逃さないようにしていきましょう。