SEO対策:コンテンツの更新頻度は?

SEO対策においてコンテンツの更新頻度は大切です。特にブログなどでサイトを運営している場合は、更新頻度はかなり重要な要素になってきます。実際にブログは更新しまくっていると検索エンジンでの順位がどんどん上がっていきます。1年くらい毎日3回コンテンツを更新していれば、けっこう検索エンジンでも上の方に来ます。しかしある程度の記事の質というものは必要になってきます。例えば「今日は何もない普通の日でした」みたいな記事を毎日投稿していてもSEO対策にはなりません。ならないどころか低品質サイトと見なされてSEO対策としてはマイナスに作用する可能性もあります。SEO対策にするためには、それなりに内容が充実した訪問者に役立つ記事を提供していく必要があります。運営するサイトのジャンルにもよりますが、有益な情報を提供する記事を書くには、やはりそれなりの手間ひまがかかります。情報を収集して選別してまとめて、さらに推敲して公開という工程をこなしていくと、2~3時間くらいの時間はあっという間に過ぎ去ります。いいコンテンツを作るにはそれくらいの時間はかかるので、個人運営の場合1日に3回も更新するのは正直厳しいといえます。ですから1日に1回更新を心がけて運営するのが一番いいです。事実、人がたくさん訪れているブログサイトを見ると、たいてい毎日1回くらいの頻度で更新している場合が多いです。ブログサイトは基本的に記事が新しいものから古いものへと時系列的に並んでいるので、更新をサボると訪問者にすぐわかってしまうという面もあります。2~3ヶ月も更新が止まっているようなブログですと、訪問者はこのサイトはもう更新停止しているサイトなのかなと思って離れていってしまう可能性があります。ですから、最低でも1週間に1回くらいは更新したいものです。一方、ブログ以外のWEBサイトの場合は、多少更新をサボってもSEO対策上あまりマイナスになりません。非ブログ系サイトは、記事が時系列的に並んでいるわけではないので、更新をサボっても訪問者にバレにくいですしSEO対策的にもそんなにマイナスになりません。しかし、やはりあまり長期間更新をサボるとSEO対策的にマイナスですし、訪問者にも飽きられてしまうので、コツコツ新しいコンテンツを投入していくことは必要です。自社のランディングページもこまめにアップデートしましょう。

ちなみに更新頻度を上げるために、自サイトのテーマに無関係な質の低いものを放り込むのはやめた方がいいです。SEO対策に逆効果になる可能性の方が高いです。