SEO対策:SEO対策は日々変わっていく

ブログを書いている人やホームページを開設している人にとっては、一人でも多くの人に訪問してもらいたいと考える人が多いです。
特にアフィリエイトで儲けたい人や、自社の商品を購入してもらいたい人にとっては、アクセス数を増やすことがとても重要になります。
しかし、訪問者を増やすことは簡単なことではありません。どれだけ面白い記事を書いたり、ためになる記事を書いても、訪問者が急激に増えることは難しいです。
そんな時におこなうといいのがSEO対策です。SEO対策というと専門知識がない人には難しく感じますが、費用もあまりかけずに誰にでも簡単におこなえる方法があります。
以前はSEO対策というと、被リンク対策をおこなうことが多かったです。
被リンクの数だけを増やせば、検索エンジンのランキングも上位にあがるので、できるだけ多くの被リンクを集めることでSEO対策をしていた人もいましたが、意図的に被リンク対策をおこなうと、Google側の評価が下がりペナルティを受けることもあります。
ペナルティを受けると、どんなに良い記事を書いてもランキングが上がらないのでアクセス数も伸びません。
良質な被リンクを増やすことが最近のSEO対策としては有効になります。ユーザーに評価され自然に被リンクが増えていくとGoogle側の評価もあがります。
過去のSEO対策として、数多くのサイトを作り自作自演のリンクを増やしたり、有料でサイトを運営する会社からリンクを購入する方法もありました。
内容の評価とは関係なく、相互リンクをおこない被リンクを増やすSEO対策も多かったです。
しかしペンギンアップデートという検索アルゴリズムの変更のおかげで、今まではランキングが上位だったサイトが、急激にランキングを落とす現象がみられるようになりました。
なので現在はリンクを購入したり、相互リンクをおこなうSEO対策は少なくなっています。
自然発生のリンクを増やすことが大事なので、できるだけユーザーから評価されるブログやランディングページを作ることが一番のSEO対策といえるでしょう。
対策キーワードを意識したページを増やすこともSEO対策として有効です。
ただしサイトのテーマと関係ないページを増やすと評価が低くなることもあります。
最近はパンダアップデートで、質の低いコンテンツは排除させる傾向があります。
質の低いコンテンツとは、記事よりも広告が多かったり、コンテンツにオリジナルティがまったくないページなどです。
なのでSEO対策として、他のサイトからコピーなどせず、オリジナルで魅力のあるブログやホームページを作ることが、結果的にはランキングを上げることになります。