SEO対策:検索キーワードの裏にあるユーザーニーズ

検索サイトのアルゴリズムが大変貌し、SEO対策も同時に激変しました。不自然な大量のキーワードや、無理やりリンクを得る方法がご法度となり、従来のSEO対策では、十分な施策どころか表示ランクを大幅に落とす可能性すらあるのです。

それでは、一体どういったSEO対策が必要なのでしょうか。

答えはシンプルで、表示ランク競争で過激になった以前の、従来のSEO対策に戻ればいいのです。検索キーワードをほどよく含み、内容の濃いサイトを作ればいいわけです。

そこで重要になるのが、検索サイトを利用する人のユーザーニーズとなります。ユーザーニーズは従来のSEO対策でも重要視されていましたが、それはあくまで検索クローラーのアルゴリズムに合わせたもの。機械的に拾われやすい仕様となっていました。

したがって、今後に重要視されるのは、生身の人間のユーザーニーズとなります。前時代のSEO対策が機械相手だったのに対し、今後のSEO対策は、いわば人間に合わせたものとなるのです。

となると、ますます気になるユーザーニーズですが、そもそもこのニーズとはなんでしょうか。

ご自身が検索する際、どのように検索するでしょうか。例えば「愛媛産のミカン」を調べる時、「愛媛産のミカン」そのものが見たいわけではありません。そのミカンの「何か」を知りたいわけです。これが本当のニーズとなります。何かを調べる時、検索キーワードそのものが重要なわけではないのです。

今後も見出しに重要ワードを含めることは、相変わらず重要です。読む人にとって記事が分かりやすくなるように、適量必ず含めてください。ランディングページでも同様の対策をして下さい

文中にも検索ワードを自然に込めてください。これは特別に構えてするものではなく、普通に記事を作れば勝手にできるものでしょう。欲を出して無理やり大量含める行為は、スパムと判定される可能性があります。

そして内容は専門性が大事です。検索ユーザーは何かを調べるために検索するので、読む人にとって有益な情報を散りばめてください。相手に伝えたいという意識を持てば、それほど難しいことではないと思います。

こうしてみると、アルゴリズムの更新でSEO対策が不要になったようにも見えますが、抑えるべきところを抑えるという、簡単なようで難しい、繊細な時代に突入してしまいました。

今まではボリュームを重視した最適化を目指してきたSEOですが、今後は無駄を絞ったスマートなSEOが必要とされます。それだけにニーズの裏にある意図を読み取り、文字通りの「最適化」が必要となるのです。