SEO対策:想定流入アクセス数・想定売上額の算出方法

SEO対策とは「Search Engine Optimization」の頭文字をとった言葉です。
日本語に翻訳すると、検索エンジン最適化という用語で表されます。
つまりウェブサイト上で検索結果で多く露出をするために必要な最適化行為のことを、SEO対策と呼ぶのです。
SEO対策において想定流入アクセス数及び想定売上額の算出方法は必須のものと言えるでしょう。
ここでは、そのことについて紹介していきます。
検索結果の上位に長く表示され続けられるほど、多くクリックされ閲覧者も増加するという傾向が一般的には知られています。
想定流入アクセス数や想定売上額の算出においては、キーワードプランナーや、キーワードアドバイスツールで月間の検索数を把握することが重要です。
ランディングページにおいてもアクセス解析を実施するようにしましょう。
これはニーズと呼ばれますが、このようなキーワードからのアクセス数や売上額を推定で予測できるからです。
SEO対策において、このニーズというものがいかに重要なものかよくわかるでしょう。
検索数、つまりニーズからの想定流入アクセス数や想定売上額の調査においては、具体的な手順が様々に存在します。
もっとも一般的な計算式は月間検索数にクリック率をかけるというものです。
このようにすることによって、月間の想定流入アクセス数がわかるようになるでしょう。
それでは上位表示のクリック率とはどのようなものでしょうか。
これは正確に判明しているのものではありませんが、様々な機関が独自に調査を行なっています。
SEO対策に上位表示のクリック率は必要なものだからです。
ここではその調査結果のうち、イギリスのNetBoosterによる結果について紹介しましょう。
順位が1位の場合には19.35%、2位の場合には15.09%、3位の場合には11.45%、4位の場合には8.68%となっています。
10位まで下がると2.82%と、1位とはかなりの差が生じていることがわかるでしょう。
これをグラフに表すと、二次関数的な減少が見られます。
SEO対策を行う上で、このようなことを知っておくことは大切なことです。
調査機関によってこの数字は若干変化しますが、傾向が大きく変化することはありません。
SEO対策を行なって上位表示を実現させることが、想定売上額を向上させるためには欠かせないことと言えるでしょう。
これらのためには内部対策や外部対策に加えて、コンテンツ対策が必要になります。
近年ではこのコンテンツ対策がSEO対策に最も重要だと言われています。