SEO対策:キーワードプランナーの活用法

SEO対策を行うにはただ闇雲に行うのではなく、それぞれの箇所に合わせて行う必要があります。内部リンクや外部リンク、リストタグなど様々なことがSEO対策としては挙げられますが、最も大切なことはブログやホームページで使用するサイトタイトルや記事タイトル、そして記事の本文で使用されるキーワードになります。
なぜキーワードが大切かというと、検索エンジンで上位表示されるためには、押さえておかなければいけないポイントであるからです。ブログやホームページはとても多くのサイトが存在し、それぞれが情報を発信しています。その情報も何をテーマにして、どんな内容にするかはキーワードの選定が必要になります。キーワードは検索エンジンで検索する際に必要なものであり、狙っているキーワードで上位表示させることが大切になります。
ここで有効に活用できるものが、キーワードプランナーであり、グーグルが提供しているサービスになります。ブログやホームページでテーマを決めてキーワードを選んでも、そのキーワードがどのくらい検索されているかわからないと検索されにくいこともあります。一般的なキーワードを選定すれば検索数は多くなり、その分ライバルサイトが増えます。逆にあまり知られていない単語などをキーワードに選定してしまうと、ライバルサイトは少なくなりますが検索数は少ないものになります。そのようなときのSEO対策に、キーワードプランナーは役に立ちます。
キーワードプランナーは、キーワードを入力して検索することで、どのくらいのそのキーワードで検索されているかを知ることができます。それがわかることで、検索数が多すぎればライバルが多いことを示し、少なすぎればライバルは少ないが検索されにくいキーワードだと判断できるので、SEO対策に利用できます。
また、検索されたキーワードだけでなく関係するキーワードも表示してくれるので、タイトルを決めるときなどSEO対策に便利なものになります。
活用方法として代表的なものがこのようなことになり、SEO対策には必要なツールの一つになります。キーワードプランナー以外にもSEO対策に便利なツールはたくさんあり、活用方法としては併用して使用するととても便利に使うことができます。しかし、SEO対策にばかり気を取られて肝心なコンテンツの中身が薄いと意味がないので、きちんとした実用性のある記事を書くことを心がけましょう。