SEO対策:「共起語」とは

「共起語」はあまり聞いたことがないと思う人も多いかもしれませんが、これはSEO対策に関連する要素の1つになっています。そもそも「共起」の意味を簡単に説明すると、Aという単語が出てきた場合に、その周囲にある特定の単語が現れやすい現象という意味になります。そして、共起する単語は「共起語」と呼ばれます。
例えば、簡単な例として「マック」に関する記事を書くとしましょう。この時、人間が読めば何の「マック」に関するコンテンツなのかはすぐ判別できます。しかしGoogleでは、内容を最初に読み取ってから判断することになります。仮にハンバーガーショップについての記事の場合は、「メニュー」や「クーポン」、「店舗」などが共起する言葉になります。また、パソコンについての記事の場合には「インストール」や「アップル」などが共起する言葉にあたります。
これらは簡単な例えですが、こうした共起語を使うことによって、「関連性がより高いコンテンツだ」とクローラーに伝えることが可能になります。
では、こうしたことがなぜSEO対策に効果があるかご存知でしょうか。例えば、「ハシを動かす」というような文章があるとしましょう。ハシには、一般的に箸と橋があります。この時、この文章を見た人は「橋を動かす」のは適切な表現とは言えないので、恐らく「箸を動かす」という文章を想像するはずです。
しかし、グーグルにおいてSEOを決定しているのはロボットです。人間の場合と異なり、その言葉の意味を考えることができません。どのように判断するかというと、周りの文脈に書かれているものを読み取って、判断しているのです。つまり、共起する単語に頼るしか方法がないという訳です。
だからこそ、SEO対策として自分自身が狙っているキーワードとともに共起する単語を意図的に配置しておくと、その記事は「関連性が高い記事だ」と判断してもらうことができます。例えば、SEO対策「アフィリエイト」で検索上位に表示したいなら、「稼ぐ」や「簡単」あるいは「パソコン」といった単語を使うことで、自分が書いた記事の「アフィリエイト」についての関連性が強まります。この方法によってSEO対策に効果があるのはほぼ間違いありません。共起する単語をいかに文章に散りばめるかが、SEO対策には非常に大切になります。
ランディングページを作成するときもSEOは意識しましょう。
ただし、グーグルが各キーワードについてどのような単語を「共起語」と見なしているかは、明確ではありません。そのため、効果的なSEO対策を目指すなら、共起する単語を見つけるツールなどを活用して、できる限りSEO対策に効果がある記事を書くことが、結果的に検索上位につながります。