SEO対策:やってはいけないこととは?

アフェリエイトとして稼ぎたいためにブログを始める人も多いですが、ブログを書き始めたからといって、すぐに訪問者が増えるわけではありません。
よほどの有名人ならまだしも、無名の人がどんなに面白いブログを書いても簡単に訪問者が増えたりしません、
趣味で書くブログなら訪問者が少なくても問題ありませんが、アフェリエイトとして儲けたいなら訪問者が少ないと困ってしまいます。
簡単にブログの訪問者を増やす方法としてSEO対策をおこなう方法があります。
SEO対策というと、SEO対策専門の業者がおこなうものだと思いこんでいる人もいますが、専門知識のない素人でも簡単におこなうことができます。
素人でも簡単にできるSEO対策として、中古ドメインを取得する方法があります。
中古ドメインには、すでに被リンクが残っていることが多いので、取得して使用するだけでランキングの順位を簡単にあげることができます。
ランディングページ最適化でもこの手法は有効です。
ただしSEO対策としてNGなのは、過去にペナルティを受けているドメインを使うことです。
意図的な被リンク対策をして、Google側からペナルティを受けているドメインを使用すると、ランキングが上がらないだけでなく、ドメインがまったくインデックスされないこともあります。
ペナルティを受けているドメインを見つけるのは、素人には難しいですが、中古ドメインツールを使って見つける方法もあります。
安全に中古ドメインを使いたいなら、専門の業者が販売しているものを購入するといいでしょう。
万が一ペナルティを受けているものを買っても、後で返金してくれるので安心です。
他にもSEO対策としてNGなのは、コンテンツを増やして内部対策をおこなうことです。
コンテンツを増やせばランキングもあがると考える人もいますが、ただコンテンツを増やすだけでは順位はあがりません。
コンテンツを増やす時は、ページのキーワードの割合に気を使いながら、狙ったキーワードを上位にすることが大事です。
コンテンツを増やしてしまい、狙ったキーワードをうっかり減らしてしまうと、かえって順位を下げることになります。
SEO対策をおこなう場合は、内部対策だけで順位をあげることはかなり難しいといえます。
被リンク対策をせず内部対策だけのSEO対策だと、よほど人気のブログやホームページでないと難しいです。
被リンクが集まらないからと諦めないで、被リンク対策もしながらコンテンツを見直すことがSEO対策として効果があります。