SEO対策:スマホへの対策は?

SEO対策を考えたサイト制作において、必ず違反してはいけない「ペナルティー」というものが各検索サイトには存在します。「ペナルティーとは何なのか?」を考えていきます。
さて、SEO対策を考えた上でのペナルティーとは何を指すのでしょうか?ここではユーザーを欺くような反則行為、又は不正行為を意味します。検索サイトにおいてしっかりした反則ルールを定めていないと、ユーザーの意図しない検索結果ばかりでは、各検索サイトからお客様が離れて行ってしまうからです。
まず、SEO対策を考えた上での共通した具体的な代表的な反則行為は下記のようなことを指します。
・隠しテキストや隠しリンクは使用しない。
・クローキングや不正なリダイレクトを行わない。
・コンテンツに関係のないキーワードをページに記載しない。
・ウイルス、トロイの木馬その他のマルウェアをインストールするページを作成しない。
まだまだやってはいけないと定められている検索エンジンの共通内容はたくさんありますが、このようなSEO対策においての反則行為には大きくカテゴリ別に分けられています。
・隠しリンク
・クローキング
・不正なJavaScript リダイレクト
・誘導ページ
・自動化されたクエリ
・重複するコンテンツ
・実質のないアフェリエイトサイト
こんなにたくさんのルールを目の前にして、SEO対策やサイト制作するのが怖くなりますよね?でも大丈夫!制作者はカテゴリ分けされたものの中に、知らず知らずにSEO対策でのこの反則行為を起こしていないか、確認方法があります。
各検索サイトには「ガイドライン」と呼ばれるルールを必ず自社サイトに掲載しています。
一般的なガイドラインから、品質に関するガイドラインまで、それぞれの検索サイトによってそのルールは様々です。確認方法は各検索サイトのガイドラインを探し、しっかり調べ、確認することです。ガイドラインの内容は多彩な為、しっかりとその時その時に印刷に取り、いつでも見ながらWEBサイトの最適化を図ることが大切です。注意しなければならないのは、どの検索サイトでも、毎年毎年その内容が更新されていくという点です。新しい技術が出てきたならば、新しいガイドラインが生まれます。サイト制作、又はSEO対策を考える時、ガイドラインに触れそうな内容は確認しやすく記載することもお勧めします。SEO対策を施すにおいて、各検索サイトガイドラインやルールを無視して制作することは、SEO対策の意味合いを全く持ってなくしてしまいます。しっかりと各社のガイドラインを把握し、信用あるWEBサイトを目指しましょう。