SEO対策:「ペナルティ」とは~種類と確認方法~

お店のホームページを作成したのに、まったく訪問者がいないとお店の売り上げが伸びずに困ってしまいます。
しかし行列ができるほどの人気のお店や、テレビで紹介されたお店でない限り、ホームページを開設したばかりでアクセス数を伸ばすことは難しいです。
そんな時におこなうといいのがSEO対策です。SEO対策というと素人には難しいと思う人もいるでしょうが、比較的簡単にSEO対策をおこなえる方法があります。その方法とは他のサイトからの被リンクを増やす方法です。
相手のサイトに訪問してコメントを残し信頼されれば、自分のサイトにリンクを貼ってくれることもありますが、この方法だとかなりの時間がかかってしまいます。
それに自分のサイトが面白くなかったり興味をもたれない場合は、リンクを貼ってもらうことはかなり難しくなります。
もっと簡単にSEO対策をおこないたいならば、中古ドメインを取得する方法があります。
中古ドメインには被リンクが多く残っていたり、Googleのページランクがすでについていることが多いので、取得するだけで簡単にSEO対策がおこなえ、検索エンジンのランキングが上位に来ることになります。
中古ドメインは誰でも取得できますが、気を付けなければいけないのは、過去に意図的なSEO対策をしたことがあるドメインを取得すると、ペナルティを受ける原因となります。
知らずにそのままその中古ドメインを使っていると、ランキングがいつまでたっても圏外のままということもあります。
個人では悪質な中古ドメインを見つけるのは難しいので、専門のツールを使うか専門の販売業者から購入するといいでしょう。
他にもGoogle側からペナルティを受ける原因のSEO対策として、隠しテキストや隠しリンクがあります。
SEO対策として、ユーザーの見えない部分以外にキーワードを入れる行為が、隠しテキストや隠しリンクと呼ばれます。
Google側が隠しテキストや隠しリンクを見つけると、偽装行為とみなしペナルティを受ける原因になります。
他にもコンテンツ内にSEO対策として、不自然なキーワードを詰め込みすぎる場合もペナルティの対象となります。
ユーザーが読んでいてあきらかにおかしいと思えるほど、キーワードを詰め込みすぎるのはやめた方がいいでしょう。
他にも他のサイトのコンテンツをコピーしただけのサイトも偽装行為の対象になるので、他のサイトからのコピーは絶対しないように気をつけましょう。