SEO対策:コンテンツの質について

SEO対策一部である、内部対策として一番大切なポイントは「効果的なキーワードを探す」ことです。
目的に対して、直感的に来訪者が頭に浮かべるキーワードを効果的に見つけだすこと、ここが内部対策としての一番重点的なポイントとなります。
効果的なSEO対策キーワードの基本的な考え方の概要は次の通りに考えます。
・文章
・単語
・複数の単語から作り上げられる言葉
例えば塾の講師になりたい人は「塾 講師募集」と複数の単語から作り上げられる言葉として打つでしょうし、婚礼ドレスをレンタルしたい人は「婚礼ドレスレンタル」または「ウェディングドレスレンタル」と一つの単語にして打つ人もいるでしょう。検索する際に来訪者が思い浮かべるキーワードは、断片的なイメージを組み合わせながらイメージする人もいるでしょうし、普遍的なキーワードもあるはずです。SEO対策キーワードの考え方の概要をしっかり押さえた上で、具体的なキーワードを探しましょう。
では、具体的なSEO対策キーワードを探すためには、どのような考え方をしたらしたらよいのでしょうか?まずはどのようなキーワードなら「来訪者が興味を持つか?」を考えることです。

具体的なSEO対策キーワードを考える例として下記の例を見てみましょう。
・来訪者が興味を持つような悩みや問題をキーワードにする。(例)しわ 薄毛 ダイエットなど。
・人間の欲望をテーマにする。(例)激安アクセサリー、簡単操作、美味しい蟹食べ放題など。
・5W1H形式をキーワードにする。(例)〇月〇日~〇月〇日まで、無料レンタルドレス試着会を○○会場で行います。など。

ここで、SEO対策キーワードの考え方として注意したいのは、「ユーザーが使用するバリエーションが豊富に存在する」ということです。SEO対策キーワードはただ単なる、丁寧単語を連ねていいものではありません。例えば「インターネット」と入力する人もいれば、「ネット」と入力する人もいるでしょう。「ルイ・ヴィトン」と入力する人もいれば、「ヴィトン」と入力する人もいます。このようにユーザーが利用しそうな、様々なバリエーションをメタタグにしっかりと記載することで、より具体的なキーワードでのSEO対策が可能となるでしょう。
具体的なキーワードを職種別に連想して上げてみるのも方法の一つです。
例えば職種が食品であれば、美味しい、完熟、高級、産地名などであったり、職種が美容であれば、エステ、効果効能、口コミなど、語句の前に又は後に○○は美味しいといったように、連想させるような見つけ方も効果的です。
しっかり段階を踏んで、強いSEO対策キーワードで内部対策をしましょう。