SEO対策:「外部対策」の概要とポイント

被リンクというのはSEO対策においてもっとも重要な要素です。検索エンジンは、基本的にリンクがたくさん張られているサイトは良質なサイトであるというふうに判断するようになっているのです。ですから被リンクを多く獲得しているWEBサイトは検索エンジンに高く評価されて、検索で上位表示されやすいわけです。しかし、なんでもかんでもリンクを集めればいいのかというと、もはやそういう時代ではなくなりました。たしかに一昔前まではなんでもいいからリンクを集めてくるという手法はSEO対策として有効でした。そのせいでプログラムで作った大量の人工リンクを使ってSEO対策を行うというようなことが実際に行われていました。しかし現在は、このような人工的なリンクをかき集めてくると、検索エンジンにペナルティを食らう可能性が高くなっており、非常にリスクが高いです。ペナルティを食うと自分のサイトの検索エンジンでの順位が大幅に下がったり、またはまったく検索に出てこなくなったりします。実際にペナルティを食らったサイトは多数あって、ペナルティの原因になった人工リンクを撤去するのに膨大なコストを支払ったサイトがたくさんあります。このせいでSEO対策で被リンクの時代は終わったなどとも一部でささやかれたりもしましたが、SEO対策におけるリンクの重要性はいまだに大きなウェイトを占めています。けしてリンクの時代は終わってはいないのです。ただ、リンクの質が求められるようになってきたのは事実です。リンクの質というのは、自然に張られるリンクかどうかということです。誰かがあるコンテンツを見て、とてもいい情報だから他の人にも紹介してあげようと思ってリンクを張ること、これが一番ナチュラルなリンクで、検索エンジンが評価対象とするものです。こういう高品質リンクの獲得がこれからのSEO対策には必要不可欠なわけです。逆に人工的なリンクはペナルティを受けるリスクが高いので避けた方が無難です。特にSEO対策業者などに依頼するときには人工リンクの扱いに気をつけた方がいいです。また衛星サイトなどを作る場合は、かなり慎重にやらないとペナルティを食ってしまうかもしれません。ランディングページも雑なものをたくさん作らないようにしましょう。
では高品質リンクを獲得するためにはどうすればいいのかというと、それはもう誰もが紹介したくなるような優れた有益なコンテンツを作成するのが一番です。優れたコンテンツを作れば、自然と口コミで広まりリンクも付き、その結果SEO対策も自然となされていくのです。