SEO対策:対策キーワードの見つけ方

オーガニック検索は日本語では「自然検索」などと訳されたりします。検索エンジンで何かキーワードを入力して検索した際に、検索結果ページに表示される内容のうち、広告以外の部分がオーガニック検索です。このオーガニックの部分は、検索キーワードに関連する無数のWEBサイト群を検索エンジンが独自のアルゴリズムに基づいてランキング化し、上位のものから順番に表示しています。一方広告部分に表示されているWEBサイトは、検索エンジンのランキングアルゴリズムとは関係なく、お金を支払った広告主のサイトが表示されています。オーガニックの部分で上位に表示されると、無料でどんどん自分のサイトに人を集客できますから、売上アップを狙うためには是非ともオーガニックでの上位表示を狙いたいものです。しかし、多くの競合サイトがひしめく分野でオーガニックで上位表示を狙うとなると、そう簡単ではありません。そこで必要になってくるのがSEO対策です。SEO対策というのは、検索エンジン最適化のことで、検索エンジンのランキングアルゴリズムで高評価を得られるように自分のサイトをチューニングして、オーガニック検索において上位表示されることを狙う活動全般を指します。SEO対策には色々な手法が存在しますが、大きく分けると外部的なSEO対策と内部的なSEO対策に分かれます。外部的SEO対策というのは、簡単にいうと被リンクを集めてくることです。リンクを多く集めるサイトというのは多くの人の支持を得ているサイトだと判断されるので、検索エンジンに高く評価されるわけです。しかし、昨今の検索エンジンはリンクの質をかなりシビアに判定しますから、下手な人工リンクなどを使って被リンクをかき集めるとペナルティを課せられ、検索順位が下がってしまうようなこともあるので注意が必要です。ナチュラルな被リンクが求められているのであって、リンクなら何でもいいというわけではありません。もう一方の内部的SEO対策というのは、要はコンテンツの中身です。他にもHTMLの構成なども内部的SEO対策ですが、しかし現在特に重要とされているのはコンテンツの中身の方です。検索エンジンに好かれるコンテンツというのは、オリジナリティがあり訪問者にとって有益な情報を提供してくれるものです。優れたコンテンツを作るにはなかなか手間ひまがかかりますが、コツコツ作っていると必ずオーガニック検索で上位表示されて、WEBサイトへのアクセス数が増大します。