世界で加熱するカジノ誘致

今世界中でカジノを含めた統合型リゾートの誘致が進んでいます。日本国内においてはカジノはまだ営業を行うことが出来ませんが、将来的に統合型リゾートとして営業が認められるように議論が行われています。世界中で誘致が進んでいる背景には、世界的に資本力もあり、統合型リゾートの経営ノウハウを持った企業が海外へ進出することにより多くの観光客の誘致に成功し、特に産業のない国においては貴重な産業に成長していることが上げられます。日本では馴染みがまだあまりないカジノですが、既に100カ国以上の国において合法化しており、今後も合法化し、観光客にとって魅力的な観光地として整備をすることを検討している国も多くありますので、営業する店舗数も益々増えていくことでしょう。世界的な流れとして家族や友達同士でも訪れやすい統合型リゾートの導入が進んでいます。

カジノというと、暗い、怖いといったイメージが先行する方もいますが、実は世界の流れは家族連れも訪れることが出来る明るく、安心安全な都市型リゾートへと舵を切っています。例えば、ラスベガスは周りには砂漠しかない産業のない街でしたが、ホテルカジノの建設により今では世界中から観光客が訪れる観光地へと変貌を遂げました。ラスベガスで成功した統合型リゾートを経営する企業が現在では世界中で多国籍経営を行っています。例えば、今ではラスベガスを抜き、世界一の売上を誇るマカオでは、ラスベガスでも営業をしているベネチアンリゾートがベネチアンマカオを営業しています。同じ系列の企業が経営をすることで、サービスやホテルの品質を一定に保つことが出来る上に資本力もあるので、経営が行き詰まり、すぐに倒産する可能性も低いという特徴があります。

マカオでも成功を収めている統合型リゾートですが、同じアジアの成功例としてはシンガポールも有名です。シンガポールもカジノの運営を海外企業へ託した国になりますが、有名なマリーナベイサンズはラスベガスでも経営をしているサンズにより経営をされているカジノホテルになります。マリーナベイサンズと言えば、世界的にも有名な五つ星ホテルですが、統合型リゾートの特徴である、ショッピングセンターや、レジャー施設、ホテルに国際会議場を備えています。日本でも現在誘致が検討されているスタイルはカジノだけではなく、ホテルや国際展示場を一緒に誘致することで、子供連れの方やビジネスマンも含めて訪れやすい環境を整えるスタイルです。ギャンブルを楽しみたい方はもちろんのこと、子供たちも楽しめる環境整備が世界で進んでいます。