東京タクシードライバーになって稼ぐためにやっておきたいひと工夫

東京タクシードライバーは人数が増えていて、稼ぐのが難しい印象を持っている方も多いでしょう。しかし、実際に水揚げがいい人達はいるわけですから、人数の多さを言い訳にしてしまうといつまでもダメなままになってしまう可能性があります。他の職業から転職して、東京タクシードライバーになる人も多いでしょう。本当に稼ぐようになりたいのであれば、水揚げがいい人の行動や工夫を真似ることから始めるのもいい方法です。水揚げがいい人の実際の接客を見る機会はなかなか無いため、仕事終わりなどに接する機会を設けて、いろいろ話を聞き出すといいでしょう。

工夫する東京タクシードライバーの中には、車内の匂いを気にする人も多くいます。スメルハラスメントという言葉ができているように匂いに敏感な人達が増えていて、タクシーの様に気軽に窓を開けられない車内では特に敏感になる乗客の人も多いです。勤務のときはタバコを控えるとか、体臭や汗臭さを抑えたりするのに消臭スプレーを使うなどいくつも方法があります。車内の匂いをよくする芳香剤が数多く売られていて、設置をしている人もいるでしょう。でも注意したいのは、匂いがきつすぎる芳香剤を置いていないかという点です。いい匂いというのは人によって違いがありますし、芳香剤にはバラや柑橘系にミント系など数多くありますが、きつすぎればそれはもうスメルハラスメントです。ずっと同じ車内にいると、匂いがきつくなっていることに気が付けない場合があります。稼ぐためには東京タクシードライバーは車内の匂いにも配慮すべきで、乗客がいないときに換気を行い、きつすぎる芳香剤は使用を控えるようにしましょう。

話しかけないで欲しいという乗客は増えていてヘッドホンで音楽を聴くなどわかりやすい人もいれば、携帯を見ることなくじっと前を見つめていて、どちらかわからない場合もあります。話しかけたら舌打ちされるなど、嫌な経験をすることもいいです。こうしたときの対応のため意思表示カードを準備するとか、話しかえられたくないときは遠慮せずに伝えてくださいという、ステッカーを作り貼っている東京タクシードライバーもいます。面白い話で稼ぐ東京タクシードライバーも実際にいますが、突然キレる乗客もいますので、話しかけないで欲しい人への対応は前もって考えておいたほうがいいでしょう。

介護用の特別車を準備するタクシー会社が増えているように、体の不自由な人あるいは高齢者のタクシー利用は今後も増加が考えられます。介護専用車ではなくても通院のためタクシーを利用する人は大勢いますから、介護の資格を持っていて乗降の介助ができる方はその旨を明記した自己紹介カードを準備して置くと、指名をもらえるようになる可能性があります。