青山エリアは安定性が魅力!東京タクシードライバー攻略

東京タクシードライバーであれば、青山エリアを知っておくことも大切です。一日を通して客を捕まえやすく、深夜であれば長距離客も珍しくないからです。時間によってかなり客層が変ることも踏まえ、積極的に学ぶことが重要になってきます。

青山通りを中心に行動するのが基本になる
青山エリアはビジネスだけでなくショッピングに利用する人が多いのが特徴です。青山通りは常に人通りが多く、昼から夜かけて安定して稼げるのが魅力になります。青山3丁目~骨董通り入り口の間を往復し、顧客が拾えそうなポイントを確保すれば問題がありません。深夜は人通りが変わってくるため、飲食店が集中する場所を覚えて移動することになります。日勤と夜勤では活動の中心となる場所が変わるため、人の流れを見ながら場所を変えるのが基本になってきます。

表参道交差点は客が多いが取り締まりも厳しい
東京タクシードライバーにとって悩みの種になりがちなのが警察の取締りです。人通りがある交差点付近に交番があるケースは珍しくなく、取り締まりも厳しい傾向にあるからです。交通事故がおきやすいポイントにもなりやすく、客に呼び止められても違反切符を切られないように気を配る必要があります。強引な停車や交差点付近での駐車は特に目をつけられやすいため、ある程度人目を意識しつつコントロールする必要があります。特に交通安全週間などが重なると警察の目も厳しくなるため、状況を確認をしながら営業することが大切です。青山エリアでは表参道交差点が最も注意すべき場所で、客を拾える確率が高いかわりに、取り締まりも厳しい場所になります。

東京タクシードライバーなら個人タクシーの動きもチェック
東京タクシードライバーと一言で行っても、企業と個人タクシーでは動き方が変わってきます。企業で仕事をしていると見過ごしがちですが、個人タクシーの動きを参考に出来る部分もあります。たとえば、個人タクシーは長距離でなければ手配できないケースも珍しくなく、上客が集まる場所で待機することが珍しくないためです。個人タクシーの待機が多い場所がイコールで稼げる場所になるケースもあります。個人企業に関わらず、同業者の動向はチェックするのがおすすめで、東京タクシードライバーとして成功するポイントになっています。特に高級セダンの個人タクシーが動く場所はチェックが必要で、どんな店があり、どんな顧客が利用するか調べることも大切です。