四谷・市ヶ谷エリアの東京タクシードライバーについて

近年の日本では、一つの仕事を定年までやり続ける方は昔ほど多くありません。それだけ多くのビジネスチャンスがあるという事でもありますし、会社も正社員ではなく、非正規雇用の社員を多く採用して人件費を抑えているという側面もあるからです。

そのような現状を踏まえて、転職をするという決断を下した方の中には、自分が仕事をする上で、接客を伴う仕事をしたくないと考えている方にとって、人気のある職種にタクシードライバーがあります。タクシードライバーというのは、定年退職した方が第2の仕事として選ぶ職種というイメージもありますが、近年では若い方や女性の方でも仕事をしている職種となっています。地方ですとなかなか稼げない場合もあるのですが、東京タクシードライバーであれば、利用客も多くいるので、頑張り次第で大きな収入を得ることが出来る場合もある魅力的な仕事です。一口に東京タクシードライバーと言っても、拠点とするエリアによって、利用されるお客さまの層は大きく変わります。

東京駅周辺であれば、外国人観光客や地方から出てきた方が道がわからずに利用したりする事も多くあるでしょう。羽田空港周辺であれば、ホテルまで行く旅行客の利用が多いという特徴があります。ですから、東京タクシードライバーに必要な事は、そのエリアに合わせたお客さまのニーズにお応えする事です。例えば、空港周辺であればより多くのホテルを覚え、そこまでの道順もスムーズに行ける裏道を知っていれば、より効率的にお客さまを拾う事ができます。

四谷・市ヶ谷エリアであれば、利用客の多くは病院へ行く方となります。四谷・市ヶ谷付近は大きな病院が多いので、利用される方も病人や面会に行かれる方も多くいらっしゃいます。ですから、四谷・市ヶ谷エリアで東京タクシードライバーをされる方は、周辺の病院やクリニックを覚えると良いでしょう。また、病人の方は、車椅子に乗られているケースや荷物係持てない方もいらっしゃいます。四谷・市ヶ谷エリアでは、トランクでの荷物の積み降ろしや、乗車される際や降車される際にお客さまへの配慮も十分にしなければなりません。

このように東京タクシードライバーの中でも、お客さまに求められるニーズは様々であり、それを踏まえて仕事をする必要があるということです。タクシードライバーというのは、ある程度自由度の高い仕事ではありますが、お金を稼ぐためには努力する必要があるのは他の職種とは変わりません。