東京タクシードライバーにとって千代田区エリアのビジネスマンの利用は魅力

東京タクシードライバーにとって、千代田区エリアは高い売上を目指すうえでは外せないエリアです。千代田区は日本経済の中心といっても過言ではないほど、多くの大企業の本社があるエリアであり、その中でも大手町は日本屈指のエリアといわれています。千代田区大手町には、政府系金融機関や大手銀行、マスコミ関係などの高層ビル群が立ち並ぶため、昼夜を問わずビジネスマンのタクシー利用が見込まれるのです。では、千代田区、特に大手町において効率よく高い売上をあげるためにはどのような戦略をもって東京タクシードライバーは営業を行っていくべきなのでしょうか。

まず、千代田区は昼夜で極端な人口の差がある点に着目します。千代田区には住居を構える人よりも、東京都外から通勤し、勤務するビジネスマンがその大勢を占めているのです。また、大企業が多く会社の経費でタクシーを使用する方が多いという点も押させておく必要があります。会社の経費であるということは、ビジネスマン自身が自腹で払っているわけではないですので、買い物客や飲み客と違って、いつものルートなのに値段が違うから安くしろといったクレームが起こりにくいというのも特色です。つまり客層の質がかなりよいと捉えて間違いないでしょう。さらに言えば、終電後まで残業をして帰宅するビジネスマンは、会社の経費であるタクシーチケットを使用し、その多くは長距離でタクシーを利用してくれる傾向があります。

深夜だけでなく、東京タクシードライバーにとって日中帯も稼げる点が魅力なのが千代田区エリアです。ビジネスマンが他社との打ち合わせでタクシーを利用するだけでなく、海外出張や国内出張に向かうために羽田空港、成田空港へ行くために利用するケースも見られます。また、流し営業をすればひっきりなしに乗車希望のお客さまをつかまえることができるため、東京タクシードライバーの中には、千代田区にターゲットを絞って営業を行っている方も多くいらっしゃいます。ただし、1点だけ注意する点としては、利用されるお客さまがビジネスマンであるため急いでいる方が多いというのが傾向です。そのため、高速を使ってほしいという要望に対し高速入り口がわからない、行先に対してスムーズに対応できない場合には、それだけでお客様が降りてすぐに他のタクシーを探されることも多いです。どれだけお客さま要望に対して、迅速に対応できるかというのが、東京タクシードライバーに対し、千代田区エリアでは特に求められることに注意しましょう。