中央区エリアの営業は東京タクシードライバーにとって高収益をあげる近道

東京タクシードライバーにとって東京中央区エリアは高い売り上げを目指すにあたって外すことができないエリアです。特に銀座と呼ばれる世界的にも有名な街や証券会社が多く集積した日本橋兜町など、セレブ層やビジネスマンなどさまざまな客層を相手に営業ができる魅力のエリアです。では、このエリアにおいてどのように営業を行っていくのがよいのでしょうか。

まず、初心者にとっては銀座を中心とした営業を抑えることが先決でしょう。このエリアは24時間365日、平日や休日を問わずタクシー利用客が多いことで知られています。休日であれば、百貨店の買い物客や観光客などがよくタクシーを利用します。高級ホテルが多いため、空港へ移動する外国人旅行客をターゲットにするのもおすすめです。平日になると客層ががらりと変わります。日中帯はビジネスマンのタクシー利用が多いです。できれば銀座以外にも、日本橋兜町や千代田区にはなりますが大手町などのビジネスマンの需要にも応えることができれば売上アップにつながります。また、深夜にかけては銀座の高級クラブの利用客が終電後の自宅への移動にタクシーを利用するケースが多く、長距離で高単価のお客さまを獲得しやすいです。また、深夜から早朝にかけては、勤務終了後のホステスさんがタクシーを利用されますので、この客層も見逃さないようにしましょう。どの時間帯でもお客さまの利用が多いのが中央区の特徴ですので、隔日勤務の勤務形態の東京タクシードライバーにとっては魅力的であるエリアです。

また、中央区銀座のホステスさんや富裕層の中では、移動のほぼすべてをタクシーでまかなうという方もいらっしゃいます。近距離であっても常にタクシーを利用する方は銀座には多くいらっしゃいます。そのため、東京タクシードライバーの中には中央区エリアの銀座周辺のみを営業エリアに設定して高収益をあげている方もいます。近距離であったとしてもお客さまの回転率が非常に高いため高収益を上げることができてしまうのです。このように営業するのに魅力的な中央区エリアですが、注意すべき点もあります。銀座では、右折禁止ポイントやUターン禁止ポイントなどの交通ルールが複雑であり、また時間帯によっても変更されることがあります。そのため初心者の東京タクシードライバーは中央区エリアを敬遠して、青山方面を主力とする方もいますが、中央区エリアを攻略しない限り高収益は望めません。高収益の東京タクシードライバーになるため、地道に経験を積み中央区エリアを自分の営業エリアとできるよう努めましょう。