東京タクシードライバーが考える目黒区エリアの特徴とは?

東京都内に営業所を置いているタクシー会社に勤務する東京タクシードライバー、昼も夜も働いているのに収入が少ないなどのイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。東京のタクシー会社の多くは歩合制を導入しているため、トップクラスの東京タクシードライバーの中には年収1,000万円を超えている人も多いといわれています。頑張れば頑張った分だけ自分に戻って来るのが東京タクシードライバーの魅力ではありますが、稼ぐためには色々ことを学び経験値を高めることが大切です。東京都内は渋滞することも多く、お客さんを乗せているときであれば売り上げを上げることはできるものの、空車の状態ではロスタイムとなり売り上げに悪影響を与えかねません。さらに、渋滞でお客さんを待たせてしまうと迷惑をかけてしまうことになるわけですから、東京タクシードライバーはいかに渋滞に巻き込まれないようにするかが重要なポイントになって来ます。

東京タクシードライバーで稼ぐためには渋滞を含めて道路状況や利用者のニーズを捉えること、目黒区エリアの場合は日中は利用客数は増えるものの、夜になると場所によっては利用客が減少する場所があるので流し営業を行うときには注意が必要だといいます。ちなみに、目黒区エリアは品川区をはじめ、大田区・世田谷区・杉並区・練馬区・板橋区・北区などの行政区を含めた23区西部の地域に含まれ、東京23区は都心3区、副都心4区、23区東部、目黒区エリアを含む西部の4エリアにわかれます。東京の西部エリアは所得が高い人も多く住んでいてタクシーの利用率が高め、日ごろからタクシーを利用することが多いので日中目黒エリアで営業を行い、時間帯に応じて他の地域に移動して流し営業といったスタイルを持つ東京タクシードライバーも多いようです。

病院に通院するときにタクシーを使う人も多いかと思われますが、病院での通院は午前中に済ませてしまいたいと考える人が多いので、自宅から病院までのタクシー利用は午前中、後は買い物などで利用されるときには午後の比較的早い時間帯から動く人が多く、これらの時間帯で無線により自宅までお迎えをすることも少なくありません。目黒区エリアには東急東横線が通っていますが、目黒通りを走っていると東急東横線の駅までタクシーを利用するお客さんが多くといわれており、東京タクシードライバーの初心者の人など駅までの道などをしっかり覚えておくと良いでしょう。