新橋エリアに精通できれば東京タクシードライバーの収入は上がる

東京タクシードライバーでも、新橋エリアを敬遠する人がいます。特に銀座は交通事情が複雑で、乗り入れ禁止エリアなども絡んでくるためです。しかし、観光客が利用する場合はホテルから観光スポットまでの長距離になることも多く、精通しておけば収入増に繋げやすいエリアにもなります。飲食店も多く、送迎などが多いエリアでもあるため情報を知っておくことは重要になってきます。

銀座の道路事情を知れば収入に結び付けやすくなる
東京タクシードライバーの新人は特に新橋エリアを避ける傾向があります。歩行者天国があることや乗り入れ禁止エリアの存在で覚えることが増えてしまうためです。別な見方をすれば、道路事情を知ってしまえばチャンスが多いエリアとも言えます。ライバルが少なければそれだけ流しでも客を捕まえられる可能性が高いためです。ホテルから連絡があった場合は長距離運転になることも多く、営業エリアの一つとして知っておくとプラスになります。曜日ごとの人の流れの変化もセットで覚え、攻略法を探るのがおすすめです。

飲食店の送迎事情も知っておくこと
新橋エリアには歓楽街が含まれていて、飲食関係の送迎もにぎわうエリアになります。特に終電近い時間帯は稼ぎ時で、終電が終わってもキャバクラやホスト帰りの客を拾えるチャンスが増えます。サラリーマンだけでなく、ホスト帰りのOLがいないかチェックするのもおすすめです。キャバクラ嬢なども上客になりますが、ホスト帰りのOLは近場に住んでいないことが大半になります。結果的に長距離の運転になることが多く、単価が上がりやすいのです。駅までの送迎といった回転率を優先するのか、長距離を視野に動くかで営業力がかわります。

東京タクシードライバーならイベントの情報もチェックしたい
新橋エリアはビジネス街としての顔がある一方、観光スポットも多く抱えています。イベントが絡むことも多いため、周辺のイベント情報にも気を配ることが大切です。新橋は交通の便が良いことから観光の拠点に使われることも多く、宿泊に利用する人も珍しくないためです。大型のイベントがある場合はホテルからイベント会場への直行依頼を受けることも多くなります。東京タクシードライバーなら、手配されやすい位置取りにも気を配って営業をするのがおすすめになります。他の東京タクシードライバーとの兼ね合いもありますが、競争を避けてばかりでも収益はあがりません。他のドライバーを見かけたらノウハウを盗むつもりで観察してみるのもおすすめです。