東京タクシードライバーが教えてくれる品川区エリアでのタクシー活用術

東京の中でタクシー乗務員を行っている東京タクシードライバーは、おいしいランチを食べることができるお店を数多く熟知していたり、地元の人しか知らないような細い道を知っていて、渋滞が生じているときなど混雑を回避する形で目的地まで連れて行ってくれる、ノウハウを持つ東京タクシードライバーも少なくありません。品川区エリアにも、当地域を得意にしている東京タクシードライバーが多数いますが、東京タクシードライバーはより多くのお客さんを乗せることで売り上げをアップできる、効率よく営業ができるような工夫を行っている人が多いです。ちなみに、東京タクシードライバーの仕事は都心部で営業しなければ稼ぐことができない、これは効率よく稼ぐための最低条件になっている部分です。

品川区エリアなどの都心部は、タクシーの台数も多く競合するドライバーが多いのも事実、新人のタクシードライバーさんはライバルに勝つまでには時間が必要になって来ます。これはタクシーを利用する側にとっては大きなメリット、どこでもタクシーを利用できるなどのイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。品川区エリアには、流し営業を行っているタクシーを捕まえることができる場所と中々タクシーが通らないので捕まえることができない場所があり、どのよう場所に行けば流し営業を行っているタクシーに巡り合えるのかを知ることができるわけです。品川区エリアは有名企業が多く集まる場所でもあり、平日には多くのビジネスマンとなるお客さんを獲得することができます。特に、品川区エリアの中止ともいえる品川駅周辺は朝の時間帯などではタクシー乗り場で待っているお客さんが待機台数よりも多いので、ここを起点にして営業を始めるのが一般的のようです。

品川駅などでお客さんを乗せて目的地まで行くと、その後は周辺にある高層マンションなどのエリアを巡回して病院や駅に向かうお客さんへのアプローチを行う、午前9時半を過ぎたころからは都心方面に向いバス通を流すなどの1日のスケジュールが予め組み込まれているようです。午前中は主に流し営業が基本で、お客さんが出入りすることが多いビルなどでは付け待ちしている車両がいないときにはそこで待機してお客さんを待ち、待機中のタクシーが数台いるときには他の場所に移動して同じことを繰り返すといいます。ちなみに、付け待ちする場所の中にはタクシー会社専用の場所もあるので、東京タクシードライバーの初心者の人などは注意が必要です。