世田谷区エリアは東京タクシードライバーにとって稼げる場所?

世田谷区は日本の7つある政令指定都市を上回る人口を有する行政区、そして東京都区部の中でも最大の人口を有する行政区といわれており、東京タクシードライバーにとって世田谷区エリアは稼ぎが大きく見込めるエリアともいえるのではないでしょうか。世田谷区エリアには北側から京王線、小田急小田原線、東急田園都市線、東急大井町線が東西に通っている、北部東側には京王井の頭線や東急世田谷線、南側には東急東横線や東急目黒線など、私鉄各線がエリア内を網羅しており、交通の利便性が高い環境を持っています。このような環境を考えた場合、東京タクシードライバーにとってタクシーの利用者数が少ない地域などのイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

世田谷区エリアは、南北に環八通りや環七通りといった主要幹線道路が走っているので東京タクシードライバーはこれらの通りを中心に流し営業を行うことができる、主要道周辺には住宅地が広がっているため周辺に住む人々がタクシーを使う機会が多く東京タクシードライバーにといって稼げるエリアともいえる場所です。世田谷区エリアはタクシー利用者が多いといわれているのですが、これは区内の人口が東京23区の中では最も多いことからわかる部分です。その割にはタクシーの台数が少なく、流し営業を行えば確実といって良いほどお客さんが利用してくれるチャンスがあるようです。タクシー台数が少ないことは、東京タクシードライバーから見ればライバルが少なく楽に営業ができることにも繋がって来ます。ちなみに、東京の港区などの場合は走っているタクシーの3台に1台は空車の割合が高く世田谷区エリアの場合は前方にタクシーの姿が見えないことが多い、特に住宅地内周辺の通りではタクシーの姿を見かけることもないといわれているのです。

住宅地周辺の道は道幅が狭くて複雑に入り組んでいる、一方通行の道が多く一歩中に入ると厄介な場所です。これに加えて袋小路になっている場所も多くあるので大型車両などの場合はUターンするのも一苦労することがあるなど、世田谷区エリアの中にはこのような道路事情を持つ場所も少なくありません。しかし、利用するお客さんの数は多いので東京タクシードライバーにとっては稼げるエリア、世田谷区エリアで稼ぐためには区域内の道路事情をじっくり勉強すること、どこからどのようなルートを通ればお客さんを待たすことなく目的地に行けるのか、これを工夫することで稼げる場所といわれているのです。