東京タクシードライバーも注目すべき新丸の内エリア

新丸の内エリアは、ビジネス街ですので多くのサラリーマンの利用を見込めるエリアです。東京タクシードライバーとして稼ぐための効率の良い場所とも言えます。新丸の内エリアでは、新丸の内ビルディングの所にタクシー乗り場がありますが、ここはハイブリッド車や電気自動車専用の乗り場となっているのが特徴です。ただし、平日の朝九時から夜九時までの縛りですので、それ以外の時間帯は普通のタクシーでも客待ちをすることができます。ここは時間を問わずビジネスマンが多く利用してくれるので、タクシーがハイブリッド車や電気自動車であれば、一日を通してここでお客さんを拾うのも悪くないでしょう。朝九時から夜九時以外も、それなりに需要が見込めるので、一般のタクシーも縛りがない時間帯に利用するのもおすすめです。

もちろん近くには東京駅がある場所なので、一般車はここが利用できない時間帯は東京駅で待機するのも良いでしょう。東京駅も同様にサラリーマンの需要を見込めるほか、ターミナル駅なので観光客などの利用を見込めるので効率的です。新丸の内エリアは他にも大手町や少し離れれば日比谷などの場所も需要のあるエリアとなるので、東京タクシードライバーで稼ぐならこの辺を広く活用するのも悪くありません。タクシーは単価を上げることも重要ですが、単価が上がっても載ってくれる人が少なければ結局はあまり稼ぐことができないので、実車率を上げることも重要です。そして、この近辺はビジネスマンを中心として多くの利用者が途切れることなく待ってくれているので、東京タクシードライバーで稼ぎたい方にはおすすめのエリアとなります。

乗せる回数を増やすことを最初は意識しておくと、このエリアでも特に人が多い場所を知っていくことができます。その段階になって初めて単価を意識した方が、稼げる東京タクシードライバーに成長していくことが可能です。そして、具体的にはお客さんをどのように拾って卸した後どこに行くのか、動き方を常に考えることが重要になります。これは経験を積んでいけば頭の中にデータベースが出来上がってくるため、自然と意識できるようになります。そのためには経験を積むことが重要で、東京タクシードライバーならエリアごとの特徴を知っておくことが近道です。新丸の内エリアを拠点としていても、別のところに行ったあとはさらにそこでお客さんを拾ってかせがなくてはなりませんが、これはやっていればわかるようになってきます。