東京タクシードライバーが赤坂エリアで稼ぐためには

東京タクシードライバーが赤坂エリアで効率的に稼ぐには、地域の特徴を十分に把握することが大切です。安くて美味しい居酒屋が多い地域で仕事帰りに飲み歩く人も多く、終電を逃す人や朝まで飲み屋をはしごしながら過ごす人たちも大勢います。酔っ払いを乗せるのが嫌だと避けていると、一定の収入以上は稼げなくなってしまいます。酔ったお客様への対応の仕方を勉強し、積極的にこの地域で稼ぎましょう。

赤坂駅でタクシー乗り場がないことから、駅利用者は流しの車を利用することに慣れています。もし専用乗り場に多くのタクシーがいる場合には、流しの車を狙っている人をターゲットにするのも一つの方法です。専用乗り場以外の場所でお客様を乗せるとき、周囲の車両や人通りに配慮しスムーズな対応が必要です。停車した位置が悪いと通行の妨げになるから、十分に注意しましょう。

赤坂エリアの専用乗り場は効率よくお客様を獲得できる場所が多いですが、より稼げるお客様が多い乗り場を把握しておくことも大切です。数多くこなしていると、各専用乗り場からどっち方面に向かう人が多いのか把握してきます。天気やイベントの有無などでも異なってきますので、東京タクシードライバーになって赤坂エリアで稼ぐ人は乗車記録を有効活用しましょう。専用乗り場活用と流し待ちのお客様獲得をしながら、行った先営業も駆使できれば、東京タクシードライバーの収入はぐっと増えることが期待できます。

所属しているタクシー会社が配車アプリを利用している場合、効率的に専用乗り場などを活用できないことを想定した対応が必要です。予約が入り近くを走っている車に割り当てられるため、一見良さそうに思えます。お客様にはメリットが高いですが、東京タクシードライバー側からすれば必ずいいとは限りません。酔った方が複数で、降車する場所もそれぞれ違うとき、最も効率的なルートでお客様を送り届けることができない場合があるからです。運転手に降りる場所を始めに全部伝えてくれれば、適切なルートを決めて出発できます。でもお客様たち自身が最初の行き先を決め、他の人達がどこまで行くのかわからない状態も多いです。赤坂エリアの道を十分に把握していないと、配車アプリで乗ってくるお客様ばかりの対応になった日は、うまく稼げなくなる恐れがあります。

酔った人はタクシーの中で寝てしまうことがあり、声をかけただけでは起きないことも頻繁です。直接体に触って起こすとトラブルのもとになるため、会社から注意するように言われている人たちもいるでしょう。特に女性の酔っぱらいに男性ドライバーが触れることは、リスクが高くなってしまいます。東京タクシードライバーとして効率的に稼ぐなら、交番の位置を把握して寝て起きないお客様への対応を依頼するとか、お客様を起こすときに立ち会いを求めるなどして、トラブルを避けましょう。