東京タクシードライバーの東京駅エリアに多いお客さま

日本では基本的に通勤には、費用の安い公共交通機関である電車を利用する方が圧倒的です。しかも特に都内は交通網が発達しているので、行きたい場所にたどり着くためにはその方が効率的な場合も多いのが現状です。しかし地方に比べて自家用車の普及率は圧倒的に少なくなっているので、タクシードライバーとしても安定して稼ぐことが出来る場所柄ではありますが、その中でも地域のエリアによって、お客さまの利用される層というのは変わってしまうのでその点を踏まえておく事が、東京タクシードライバーになる上で大切な事であると言えます。例えば、駅前であればそこから宿泊施設に行くためにタクシーを利用される方もいるでしょう。急いでいる方もいるし、そういったお客さまのニーズにお応え出来るような接客スキルも必要なのです。

それだけでなくお客さまの流れも掴まなければなりません。東京都内であっても、駅前などは当然多くのタクシー利用客が多いのですが、その駅前であっても何口で待つのかによって利用客が多い出口と少ない出口が分かれているので、そこを見極めなければ稼げるタクシードライバーにはなかなかなれないでしょう。

東京タクシードライバーとしては、やはり利用されるお客さまが沢山いることで、安定してお客さまを乗せる事が出来る東京駅エリアで周回しているのがとても良いと考えがちですが、利用する方が向かう場所が多種多様であり、また東京駅エリア周辺にある施設を多く知らないとお客さまを目的地に連れていくまでに時間が掛かってしまいます。タクシーを利用する方の中には、距離とかではなく行きたい場所までの道がわからないからタクシーに乗るという方も非常に多いです。そのような場所の場合には、カーナビで調べられないような場所も多いので、自分で覚えていくしかありません。

ですから東京タクシードライバーとしては、東京駅エリアで働くのはある程度経験を積んでいるベテランのタクシードライバーが多いという結論に結び付いています。東京タクシードライバーになったばかりの方も居ないわけではありませんが、その多くの方々が道幅の狭さや施設の多さやお客さまの多様性に苦労しているのです。

ですから結論としては、東京タクシードライバーをするのであれば、働くことになったエリアの特徴をしっかりと勉強し、お客さまに不快感を与えないような接客をすることが、売上アップに繋げるために必要な事であると言うことです。