東京タクシードライバーの大手町エリアでの稼ぎ方のポイントとは?

東京タクシードライバーになりたい、このような願望を持つ人も多いのではないでしょうか。東京タクシードライバーで稼ぐためには稼ぎ場所となるエリアのことをしっかり把握していることが重要、大手町エリアで東京タクシードライバーが稼ぐためには、大手町エリアがどのような地域であるのかを知っておくことをおすすめします。大手町エリアはビジネスマンが多くいる場所、日本の経済の中心地といっても過言ではありません。そのため、会社が休みのときにはビジネスマンもいないので土日や祝日、夏休みやお盆休み、ゴールデンウィークや年末年始などのときには利用者がいないので稼げない、このようなイメージを持つ人も多いといえましょう。実際、東京タクシードライバーの中にはビジネスマンが休みのときには他のエリアで営業活動を行う人も多いのでこのイメージは正しいともいえます。ただ、周辺には皇居などの観光スポットがあるので観光客をターゲットにする方法もあります。

大手町エリアには左折専用のレーンが設けてある場所が多数あり、東京タクシードライバーで稼ぐためには道路環境についても把握しておくことが大切です。特に、大手門交差点や大手門と気象庁の間にある交差点は左折レーンがある注意ポイントです。車の運転をする人ならおわかりのように、左折レーンに入ると左折しかできない、直進ができませんのでうっかり入ってしまうとお客様に迷惑をかけてしまうことになるわけです。大手町エリアには右折禁止になっている場所もあり、その中でも永代通りから東京駅の丸の内口方面に向かう場所は終日右折禁止です。ビジネスマンの中には東京駅に向かう目的でタクシーを利用される人もいますので、道路状況やルールを頭の中にしっかり入れておくこと、これが東京タクシードライバーで稼ぐコツに繋がります。

大手町エリアはビジネスマンが多い地域、多くの大企業の本社がある場所でもあり日中でも高単価を狙うことができる、確実にお客さんを乗せられるチャンスがあります。ちなみに、大手町の登録人口は2名、昼間の人口は約72,000人でその大半はビジネスマンです。そのため、大手町エリアは個人のお客様よりも会社員などのお客様の割合が高く、タクシーを使う際には会社の経費を使って乗車するので高単価を寝られるメリットを持ちます。普段からタクシーを使う人が多い場所なので、自分の知識レベルを正直に伝えることや乗車したと同時に車の中で仕事をするケースもあるので話しかけるときには細心の注意が必要です。