西新宿エリアで稼ぐ東京タクシードライバーとは

東京タクシードライバーに転職するにあたって、「道を覚えられるかどうか」は大切なことです。そして同時に、転職希望者にとっては懸念事項でもあります。もちろん道を覚えることは大切ですが、東京タクシードライバーが道路のスペシャリストになる必要はありません。きちんとした接客能力があれば、お客さんに道を教えてもらいながら高収入を稼ぐことが出来るのです。「道を尋ねることが仕事」という気持ちを忘れず、知らない道を走る時でも不安や恐怖を感じなければ、営業エリアは自然と広がります。特に、西新宿エリアのような商業施設や公共施設が多い場所は、都心を中心に移動を重ねるお客さんをたくさん乗せることで、収入アップを見込めます。

西新宿エリアは、公共施設や名門ホテル、巨大なオフィスビルなどが立ち並ぶエリアです。大きな道路は青梅街道があり、西新宿エリアでは流しの東京タクシードライバーを多く見かけるでしょう。こうした繁華街は、エリア内で移動するお客さんを狙うことが大切です。新宿から西新宿エリアへ移動する人や、西新宿エリアから大久保、東新宿へと抜けていくお客さんもいます。このように人が多い西新宿エリアでは、利用距離は短いお客さんをたくさん乗せる方法が効果的です。1組のお客さんが乗車し、降車したあとにすかさず次のお客さんを乗車させる流れが、東京タクシードライバーの稼ぎ方として好ましいでしょう。

東京タクシードライバーの仕事は、こうした短距離のお客さんを繋ぐ方法や、郊外などに向かうお客さんを狙う方法があります。こうした営業方法を、エリアごとや曜日ごと、時間帯などによって臨機応変に重ねることで、効率良く稼げる東京タクシードライバーへと成長していくのです。西新宿エリア以外の、銀座や郊外などには深夜の時間帯に向かい、長距離のお客さんを狙うという東京タクシードライバーもいます。そのエリアに向かう前に、繁華街エリアを通過することで短距離のお客さんを乗車させるということも可能です。いろいろな方法を考えて、どうしたら良いのか迷う東京タクシードライバーも多いでしょう。答えはひとつではありません。いつでも複数の戦略・営業方法を使いこなし、現在自分はどの営業方法を使って運転しているのかを明確にしておきます。それを積み重ねていくことで、自分の中で稼げるノウハウが作られていくのです。時間と距離の関係を把握し、効率の良さまで考えられるようになったなら、もう立派な東京タクシードライバーと言えるでしょう。